青いカニ発見これは・・・・

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20090901.jpg

 チヌ釣りに行った時のこと、青いカニを捕獲しました。結構でかいので持ち帰り、調べてみました。

 

これ、タイワンガザミ(Portunus pelagicus)の雄でした。

甲幅15cmほど。オスの成体は甲羅が濃い藍色で、白くて長いまだら模様があり、鋏脚も細長い。メスと稚ガニはガザミとよく似ているが、鋏脚長節のとげが3本しかないことで区別できる。南日本を含む西太平洋、インド洋、紅海、地中海まで広く分布している。四国・九州・沖縄などの地方によっては、ガザミより多く漁獲される。特徴的な色彩から、アオデ(青手)、オイラン(花魁)など全国に多くの方言名を持つ。 ウィキペディアより

ガザミ属(Portunus属)には数種類が知られ、ほとんどが食用とされる。

てことで早速、塩ゆでして試食。・・・もちろん茹でると赤くなりました。

なかなか、美味しいぞ・・・と。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 青いカニ発見これは・・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://gogopirates.com/mt-tb.cgi/8

コメントする

このブログ記事について

このページは、ジャックが2009年9月 1日 03:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「香川県チニング事情」です。

次のブログ記事は「香川県でもうアオリイカ釣れる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。